講演会の講師の料金を知ろう【費用の計算はお早めに】

時間単価と内容で変わる

男の人と女の人

講演にかかる費用

講演会に講師を呼ぶには様々な料金がかかります。講演会の講師にかかる料金は、講師への謝礼、同行者も含めた往復の交通費、必要ならば宿泊費、楽屋にかかる経費、楽屋での飲食費などで構成されます。このように様々な要素が絡んでくるので、想像以上に高い予算がかかることも多いです。かかる料金の中で最も大きいウエイトを占めているのが講師への謝礼です。謝礼は公共機関に所属する大学教授などならば謝礼は明確な基準があり、なおかつかなり安いので負担は大きく減らせますが、民間の人に依頼する場合は5万円ほどが最低ラインです。知名度に応じて時間単価があがるイメージで考えるとよいでしょう。知名度が高くなればその分必要な謝礼も高額になります。それなりに名の知れた著名人クラスならば謝礼のみで30〜50万円ほどは必要と考えておきましょう。より話題性がある人ならば謝礼自体も高額になりますし、マネージャーなどお付きの人も増えるので料金も膨らみます。また、講演会の主旨や内容によっても費用は変化します。講演会の主旨が公益性が高いような内容ならば相場より安い謝礼でも依頼できることがあります。講演自体を社会福祉ととらえ、収益性などを度外視して引き受けてくれる講師も多いためです。ただすべての講師に当てはまるわけではないので注意しなければなりません。講演会の規模が大きくなると謝礼金額も高くなるとしている講師は多いです。依頼するときにあらかじめ規模や企画について伝えておくとよいでしょう。

Copyright© 2017 講演会の講師の料金を知ろう【費用の計算はお早めに】 All Rights Reserved.